-新着情報-

●2015/07/29
今では新しい旅行の足に!LCCの誕生と歴史の情報を更新しました。
●2015/07/29
活用しなくちゃ損!?LCCに隠されたメリットの情報を更新しました。
●2015/07/29
メリット満載のLCCに潜む!把握しておきたいデメリットの情報を更新しました。
●2015/07/29
たった3分でわかる!LCC講座の情報を更新しました。
●2015/07/29
LCC初心者が知っておきたいメリットとデメリットの情報を更新しました。

LCC初心者が知っておきたいメリットとデメリット

今では私たちの旅行の足として広く浸透しています。
「LCCって会社の名前?」「どうしてあんなに格安なの?」など、知っているようで意外と知らないものです。
初歩的な疑問から、メリット・デメリットまで幅広くご説明します。

LCCって一体何?

ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の頭文字をとったもので、いわゆる格安航空会社のことです。
乗務員が機内清掃を行ったり、効率的な運航スケジュールを組むなど、徹底的なコストカットを実現させることで、これまでにない格安航空チケットを提供しています。

いつからできたの?

日本では2007年に、ジェットスターが格安航空会社として就航しました。
当時は格安航空会社という言葉もなく、こういった格安航空券の認知度もかなり低いものでした。
その後メディアでの露出が増え、関連ニュースが増えることで、形態が広く普及していきました。

メリットを教えて

安いだけじゃない!格安航空会社を利用することのメリットをご紹介します。
<格安航空チケットが安い>
最大のメリットはやはり低価格な点です。
既存の航空会社のチケットに比べると2割、最大では5割も安いと言われています。
<フライト便名が購入時に決定する>
航空会社で直接購入できることから、購入時点で便名・時間がわかります。
旅行の計画を立てる際にも、かなり助かるメリットです。
<片道からでも安心して購入できる>
知名度の高いANAやJALなども往復で購入すれば値引きが適用されます。
しかし格安航空会社の場合には、基本的に片道ベースで組まれた料金設定です。往復購入ではないため滞在日数の制限もないことから、片道から安価な価格で購入できます。

デメリットを教えて

安さゆえに気になるのがデメリット!利用時には注意も必要となってきます。
<機内サービスの有料化>
格安航空会社では機内で提供される食事や飲み物などのサービスが有料になります。
しかしそこを逆手にとり、低価格で飲み放題のコーヒーを提供したり、一部無料の機内サービスを設けるなど、各社で差別化を狙う様々な試みが始まっています。
<受託手荷物の有料化>
機内サービスと同じく、別途費用が発生してくるのが手荷物の預け入れです。
既定の範囲内であれば、機内に持ち込みすることが可能です。
しかし帰りには大きく荷物が増えてしまうのが旅行です。
事前予約をしている方がお得になるため、その点もしかりと確認しておきましょう。
<遅延のリスクが高い>
同じ機体が1日に何度もフライトをするのが格安航空会社です。
そこで一便でも遅延が起ってしまうと、必然的にそれ以降の便にも遅れが出ます。
しかしこの効率化が格安チケットを生んでいるため、仕方がない部分でもあります。

これからどうなっていくの?

参入が多い反面で、撤退する航空会社が多いのも事実です。
「とにかく安く抑えたい」「高くてもいいからサービスを充実して欲しい」この2極化が進む昨今、格安航空会社が生き残ることは容易だと予想されます。
しかし上記デメリットを放置していくことで客離れは避けられません。
コストパフォーマンス以外にも更なる武器を増やしていくことが求められます。

格安航空会社の存在が旅をより身近に

格安航空チケットを利用できることで、全体的な旅行者数も増えています。
利用者はメリット・デメリットをしっかりと把握し、下調べをしておくことが大切です。
コストパフォーマンス以上のメリットを生み出せるかは、あなたの活用法次第です。